kazuo kawasaki's official blog

『資本主義からの逃走』
「病院という悲しみの日本語に『もてなし』という意味は無い」



重篤
重篤という言葉があります。
私は3度、重篤状態を通過しました。
周囲が、ドクターたちから重篤と告げられました。
周囲は充分にその状況を理解していましたが、
私自身が重篤状況だったということは全く知りません。
危篤と重篤、医学的には危篤という言い方ではなくて、
重篤の方が医学術語だとドクターたちに教わりました。
さて、私自身の肉体的問題は、きわめて日常的です。

デザイン医工学
そうしたことで、私は「デザイン+医学」領域に携わっています。
この領域を「デザイン医工学」と呼称づけています。
このデザイン医工学には、

反健康=健康では無い=病気・病
半健康=いわゆる一病息災という日常的な病を持っている
範健康=健康であるためにどれだけ体調管理・保健であるか

以上のようなことから、
それぞれに対する「デザイン」対象として健康を見詰めています。
そこで、「病院」という機関・組織・空間・サービス・制度を明確に定義するとき、
この日本語はやはり、歴史性としての意味が閉じ込められていると判断しています。
ずばり、「病院」とは「病を閉じ込めた空間」という意味です。

閉鎖空間
「院」という文字は、「完全な閉鎖空間」を意味しています。
大学院も完全な閉鎖空間です。
比して、学校も「校」は板塀で取り囲んだこれも閉鎖空間です。
ところが、幼稚園などや学園の「園」は、遊園地もあるように、
「開放空間」です。
こうしたことから考え直せば、
私は「病院」は「病園」、
いや「療養園」が正しいのではないだろうかと主張をしてきました。
病院や医療関係者の方々からは、
現代性と重ね合わせて多くの賛同を得てきました。
なぜなら、「病院=病の閉じ込められた館」、
閉鎖空間であってはいけないという発想が出てきたことです。
それは、「病院」=ホスピタルからホスピスという日本語は、
Hospital・Hospisという英語の原意からは、
「病院」=Hospitalでは無いということです。

もてなし空間
HotelやHospitalは「もてなし空間」を意味しています。
したがって、
病気療養は、医療従事者のもてなし=看護の十分さが問われているということです。
つまり、私たちは漢字観=古代中国の病院定義を引きずっています。
Hotel・Hospitalの意味には相当の距離観があるということです。
現代、すでに「病院」という言葉の変更は必至だと提案します。
病院とホテルは「もてなし空間」として同格ある必要があるわけです。
そうなれば、「ホスピス」は終末医療の「園」であって、
「病院」の延長線上にあるわけではないことは自明です。


tag: Hospis, Hospital, もてなし, もてなし空間, もてなし=看護, サービス, デザイン医工学, デザイン+医学, ドクター, ホスピス, ホスピタル, ホテル, 一病息災, 体調管理, 保健, 健康, 制度, 医学術語, 医療従事者, 半健康, 危篤, 反健康, 古代中国の病院定義, , 大学院, 学園, 学校, 完全な閉鎖空間, 定義, 対象, 幼稚園, 悲しみの日本語, 日常的, 日本語, 機関, 歴史性, 漢字観, , 病を閉じ込めた空間, 病園, 病気, 病気療養, 病院, 療養園, 空間, 範健康, 終末医療m, 組織, 遊園地, 重篤, 重篤状態, 閉鎖空間, 開放空間,


目次を見る

One Response to “『資本主義からの逃走』
「病院という悲しみの日本語に『もてなし』という意味は無い」

  1. Kazuo KAWASAKI's official Blog | 企望を「までい」実現へ
    12:14 AM on 3月 12th, 2014

    [...] 結局、私はその学識領域を「デザイン医工学」と呼んでいます。 「病院という悲しみの日本語に『もてなし』という意味は無い」 「『工業デザイン』と『デザイン工学』の大きな差異」 [...]


This entry was posted on 土曜日, 6月 5th, 2010 at 12:46 AM and is filed under 030「情報としての日本語」, 資本主義から逃走せよ!. You can follow any responses to this entry through the RSS 2.0 feed. Responses are currently closed, but you can trackback from your own site.