kazuo kawasaki's official blog

Posts Tagged ‘人間’


5月9日
川崎和男のデザイン金言 Kazuo’s APHORISM as Design


   


     5月 9th, 2022  Posted 12:00 AM

5月9日 赤口(壬戌)

『分割としてのデザイン』

モノの存在感や、
モノと人間との関係、
特に
インターラクションでは、
使う人の経験の質が
反映するものである。



artificial heart:川崎和男展


目次を見る

5月4日
川崎和男のデザイン金言 Kazuo’s APHORISM as Design


   


     5月 4th, 2022  Posted 12:00 AM

5月4日 先勝(丁巳)

『拡張としてのデザイン』

基本の拡張が
モノと人間の関係を
強固にすると
確信する。



artificial heart:川崎和男展


目次を見る

4月27日
川崎和男のデザイン金言 Kazuo’s APHORISM as Design


   


     4月 27th, 2022  Posted 12:00 AM

4月27日 大安(庚戌)

『拡張としてのデザイン』

生き方の
基本を追い求めることは、
生涯の
人間の
目標でもあるからだ。



artificial heart:川崎和男展


目次を見る

4月26日
川崎和男のデザイン金言 Kazuo’s APHORISM as Design


   


     4月 26th, 2022  Posted 12:00 AM

4月26日 仏滅(己酉)

『拡張としてのデザイン』

基本というのは、
人間として生きる
基準を明確に、
デザイナー自身が
自己決定することの
反映であるからだと
考える。



artificial heart:川崎和男展


目次を見る

『北京オリンピックで反・重力系アスリート』


   


     4月 14th, 2022  Posted 5:00 PM



アスリートは、ほとんどが重力で、彼らの技術を
示そうとしています。
野球も、体操も、すべてが特殊相対性理論・一般性相対理論を
重力に対して、アスリートもなんとか「重力系」を
逃れようとしているのです。
ところが、スノーボードでの技術を反・重力系を目指しています。
北京オリンピックでは、スノーボードの日本人で平野歩夢氏が、
金メダルを取りました。
アスリートが「反・重力系」を人間が乗り超えてしまったのです。
それは人類が金メダルを実現してしまったのです。
私はこの技術を「決して兵器には使われないこと」を
敢えて望んでいます。
E=mc2が使われないことを、特に、兵器には使われないで、
「平和」であることを望んでいます。
特殊相対性理論・一般性相対理論が
人類すべてが理解してほしいことを「平和」に利用してください。


目次を見る

『車イス設計のために、肌と血液関係!』


   


     3月 28th, 2022  Posted 11:00 AM



私がインテリアに頗る興味は「哀しみのデザイン」での、
自分の車イス設計だったのです。
その時には、人間には2種の人々があるという事実でした。
例えば、酒には「上戸」と「下戸」があるように、
ソファーには背面で、「背もたれ」の素材でした。
自分の背面には、「血液の押し下げが関係」が叶っている。
この事証でした。
肌が押されると、血液が止まって仕舞うと言う人と
肌に血液を押さえない人がいるのです。
その際には、人間工学の2種を確かめるのです。
身障者の座面は80mmの厚さですが、背面を決めています。
級友は「シーティングエンジニア」を語り、人間工学を解放。
私は背中の肌と血液での圧迫度を知っています。
どのようなオッフィス・チェアで「ほとんど」解ります。
それは、腰椎では車イスの設計はありえません。
現代の「Gマーク賞の審査委員長」は
もっと分別をやるべきです。


目次を見る

2月8日
川崎和男のデザイン金言 Kazuo’s APHORISM as Design


   


     2月 8th, 2022  Posted 12:00 AM

2月8日 友引(壬辰)

『寛容としてのデザイン』

この場合には、
人間と人間との間に
モノが存在している。



artificial heart:川崎和男展


目次を見る

2月7日
川崎和男のデザイン金言 Kazuo’s APHORISM as Design


   


     2月 7th, 2022  Posted 12:00 AM

2月7日 先勝(辛卯)

『寛容としてのデザイン』

人間と人間との関係は、
とりもなおさず
モノをつくる立場でも
同様だと考える。



artificial heart:川崎和男展


目次を見る

1月11日
川崎和男のデザイン金言 Kazuo’s APHORISM as Design


   


     1月 11th, 2022  Posted 12:00 AM

1月11日 友引(甲子)

『賛歌としてのデザイン』

しかし、
人間は
明日への絶望よりも
希望を募らせることが
できる存在である。



artificial heart:川崎和男展


目次を見る

1月1日
川崎和男のデザイン金言 Kazuo’s APHORISM as Design


   


     1月 1st, 2022  Posted 12:00 AM

1月1日 先負(甲寅)

『転位としてのデザイン』

しかし、
技術進化のめざましさは、
人間と技術との
摩擦や
対立を
引き起こしかねない。



artificial heart:川崎和男展


目次を見る

1 2 3 4 5 6 ... 22