kazuo kawasaki's official blog

Posts Tagged ‘内容’


06月09日
川崎和男のデザイン金言 Kazuo’s APHORISM as Design


   


     6月 9th, 2018  Posted 12:00 AM

06月09日 大安(壬申)

「ポートレート」が、
前述したペルソナ( 仮面 )を
かぶっている場合もあるだろう。
その人自身が表現されている場合もあるだろう。

いずれにしろ僕は、
どんなプレゼンテーションを見ても
そこで語られる内容よりもまず、
そこで発表しているプレゼンテーターたちの
内面をのぞいてみたい
と思ってしまうわけだ。



『プレゼンテーションの極意』「わがまま」と「誠実さ」


目次を見る

04月04日
川崎和男のデザイン金言 Kazuo’s APHORISM as Design


   


     4月 4th, 2018  Posted 12:00 AM

04月04日 友引(丙寅)

手がけている仕事内容を
俯瞰的に捉え、
世間とのコミュニケーションを
バランスよくこなしていける
人財(人材という言い方はまちがっている)
がいなければ、
新商品開発でも企業経営でも、
それ以上の、発展や進化は望めない。



『プレゼンテーションの極意』「口説き」、それは三位一体


目次を見る

04月01日
川崎和男のデザイン金言 Kazuo’s APHORISM as Design


   


     4月 1st, 2018  Posted 12:00 AM

04月01日 大安(癸亥)

「発想・表現・伝達」の
統一感の取れた内容は、社会の理解を深め、
プレゼンテーターである企業に対して、
信頼感のある感情移入を
促すことにもなるのだ。



『プレゼンテーションの極意』「口説き」、それは三位一体


目次を見る

01月10日
川崎和男のデザイン金言 Kazuo’s APHORISM as Design


   


     1月 10th, 2018  Posted 12:00 AM

01月10日 仏滅(壬寅)

デザイン意図は、
デザイン内容を表現・表示する。
意図がモノづくりの動機、
内容がモノ存在の内容意味である。
意図は「造形言語」となり、
内容は「形態言語」となる。



川崎和男の発想表現手法


目次を見る

01月08日
川崎和男のデザイン金言 Kazuo’s APHORISM as Design


   


     1月 8th, 2018  Posted 12:00 AM

01月08日 友引(庚子)

デザインすることは、
デザイン意図がある。
それを「造形言語」といい、
デザインされたことは、
デザイン内容がる。
それを「形態言語」と呼ぶ。



川崎和男の発想表現手法


目次を見る

11月25日
川崎和男のデザイン金言 Kazuo’s APHORISM as Design


   


     11月 25th, 2017  Posted 12:00 AM

11月25日 大安(丙辰)

「研究」とは、調査や予断では無い。
まして、予算案などは
決して研究内容であってはならない。
「研究」は開発に向かう、
創造的な意図と内容づくりである。



川崎和男の発想表現手法


目次を見る

11月14日
川崎和男のデザイン金言 Kazuo’s APHORISM as Design


   


     11月 14th, 2017  Posted 12:00 AM

11月14日 仏滅(乙巳)

意図=意味することは
主観的であるが、
内容=意味されていることは
客観的である。



川崎和男の発想表現手法


目次を見る

staffblog 11月14日


   


     11月 13th, 2017  Posted 9:00 PM

11月14日


本日は、学内からのお客様でした。
大阪大学法学部国際公共政策学科の
学生さん4人がお越しくださいました。


ウェブサイトで川崎の活動、
「PDK=Peace-Keeping Design」を見つけ、
お話を聞きたいと訪ねてくれました。


デザインについて、や、
講座の活動、などなど、
お話の内容は多岐に渡りました。


皆さん、必死にメモを取り、
最後は質問までたっぷりしていってくれました。


川崎からは、
「今やっておくべきこと」も、
アドバイスとして伝えられました。


目次を見る

11月13日
川崎和男のデザイン金言 Kazuo’s APHORISM as Design


   


     11月 13th, 2017  Posted 12:00 AM

11月13日 先負(甲辰)

「造形言語」は主観的な
造形意図で表現するが、
「形態言語」は客観的に
造形内容が確認される。
主観性と客観性は
意図と内容で分別される。



川崎和男の発想表現手法


目次を見る

staffblog 8月17日


   


     8月 17th, 2017  Posted 11:55 PM

8月17日


本日はある企業様と
打ち合わせを行いました。

内容はまだお話できませんが、
まずはプレゼンテーションを、
関係者の皆様に実施。


川崎の旧友、光野様が、
セッティングしてくださいました。


この企業は、
川崎が審査委員長だった時に、
Gマークを取得されていました。


新しいプロジェクトが
動き出そうとしています。


目次を見る

1 2 3 4 5