kazuo kawasaki's official blog

Posts Tagged ‘義務’


5月9日
川崎和男のデザイン金言 Kazuo’s APHORISM as Design


   


     5月 9th, 2020  Posted 12:00 AM

5月9日 友引(壬子)

黙して義務を果たそうとする人には、
その人の欲望にはいつでも制御回路が働き、
静謐な欲望がホワイトホールを配置する。



倉俣史朗のデザイン『夢の形見に』18 アイ・ポイントからのミス・ブランチ


目次を見る

06月20日
川崎和男のデザイン金言 Kazuo’s APHORISM as Design


   


     6月 20th, 2018  Posted 12:00 AM

06月20日 大安(癸未)

夢を実現するという権利を望む以上、
相手に対して「誠実さ」という義務で
応えていくのは当然のことだ。

それを怠ったならば、
未来永劫、絶対に権利は手に入らない。



『プレゼンテーションの極意』「わがまま」と「誠実さ」


目次を見る

06月19日
川崎和男のデザイン金言 Kazuo’s APHORISM as Design


   


     6月 19th, 2018  Posted 12:00 AM

06月19日 仏滅(壬午)

夢をかなえる
「権利と義務」の関係は、
すでに理解していただいているだろう。

さらに、
「誠実であること」は、
この義務のうちの要である。



『プレゼンテーションの極意』「わがまま」と「誠実さ」


目次を見る

05月30日
川崎和男のデザイン金言 Kazuo’s APHORISM as Design


   


     5月 30th, 2018  Posted 12:00 AM

05月30日 先勝(壬戌)

義務は、「 思いやり 」で
つつんでおくことが大切だ。

そうすれば、「 思いついた 」こと、
「 思い込んだ 」ことは、
大きく「 思いやり 」へと
変容することになる。

これが、
プレゼンテーションするアイディアに
最も仕込まれるべき必要十分条件である。



『プレゼンテーションの極意』「わがまま」と「誠実さ」


目次を見る

05月29日
川崎和男のデザイン金言 Kazuo’s APHORISM as Design


   


     5月 29th, 2018  Posted 12:00 AM

05月29日 赤口(辛酉)

「 わがまま 」を通すために、
今の自分には、
プレゼンテーションを通して
どのような義務を果たせるかを
真剣に考えるべきである。



『プレゼンテーションの極意』「わがまま」と「誠実さ」


目次を見る

05月27日
川崎和男のデザイン金言 Kazuo’s APHORISM as Design


   


     5月 27th, 2018  Posted 12:00 AM

05月27日 仏滅(己未)

目の前に立ちはだかる義務を
きちんとこなせば、
おのずと
「 わがまま 」を実現できる
瞬間が飛び込んでくる。



『プレゼンテーションの極意』「わがまま」と「誠実さ」


目次を見る

05月26日
川崎和男のデザイン金言 Kazuo’s APHORISM as Design


   


     5月 26th, 2018  Posted 12:00 AM

05月26日 先負(戊午)

プレゼンテーションという
具体的な形で、
「 使命 」と
自分に言い聞かせた
「 義務 」を果たすことで、
はじめて
「 権利 」を手にすることができる。



『プレゼンテーションの極意』「わがまま」と「誠実さ」


目次を見る

05月25日
川崎和男のデザイン金言 Kazuo’s APHORISM as Design


   


     5月 25th, 2018  Posted 12:00 AM

05月25日 友引(丁巳)

「 これをやりたい、
 あれを変えたい 」と
口ばかりで言っていても、
周囲を、社会を動かすことはできない。

やはり、きちんとした形で、
何をしていきたいのかを周囲に
明快に、明確に、そして明るく
「 公表 」する義務がある。



『プレゼンテーションの極意』「わがまま」と「誠実さ」


目次を見る

05月24日
川崎和男のデザイン金言 Kazuo’s APHORISM as Design


   


     5月 24th, 2018  Posted 12:00 AM

05月24日 先勝(丙辰)

義務とはいったいどんなものか。
それは、人それぞれが置かれた環境、
職業によって異なってくるだろう。

自分に対する義務が
どんなものかじっくり考えていけば、
やがて、やらなけれ ばならない自分の
「 使命 」ということが見えてくる。

まさしく、プレゼンテーションは
そのうちの大切な一つである。



『プレゼンテーションの極意』「わがまま」と「誠実さ」


目次を見る

05月23日
川崎和男のデザイン金言 Kazuo’s APHORISM as Design


   


     5月 23rd, 2018  Posted 12:00 AM

05月23日 赤口(乙卯)

「権利」を行使するためには、
その背後で果たさなければならない
「義務」があるというものだ。



『プレゼンテーションの極意』「わがまま」と「誠実さ」


目次を見る

1 2 3 4 5 6