kazuo kawasaki's official blog

Posts Tagged ‘ANA’


『白ワインでどこが悪いのでしょうか?』


   


     8月 9th, 2018  Posted 12:00 AM




私は「白ワイン」の方が大好きです。
最近はほとんどJALに乗っていないので、
このワインが使われているかはわかりません。
そして、当時はほとんどファースト・クラスにしか乗っていませんでした。
そういえば、JALでは「トランプ」もありましたし、しかも便せんもありました。
私は海外に行くときには、必ず父に飛行機の中で、手紙を書いていました。
最近では、ANAのマイルで行きますが、
これがなかなかマイルではファーストクラスに乗れない
そんなシステムになっています。
が、結局は乗れるようにと図っています。
そして乗れてもBeringerの白ワインはもうありえません。
よく、白だと魚料理だととか、赤だと肉料理とか言いますが、
それなんかは無視しています。
一度、車倚子になってからはあるホテルですべてのワインを飲みました。
そのとき思ったのは、ともかく「ワイン」は「十勝産」でした。
ただ、このところ、絶対にどうしても「白」でなければいけないと思っています。
昔はファースト・クラスで、帰りもJALで帰るから、
キャビアでお茶漬けがしたい、と言っておくと、
必ず帰便それが出されました。
その時はジャパンがそれこそ日経平均は13000円でした。
それはいわゆる「中間層」が日本には一杯おりました。
ところが、今では日経平均が25000円ですが、
貧困層が特に若い子達に及んでいます。
「少子化」がどこよりも早く日本は侵されています。
これこそ、日本が貧乏になっていってると私はそう思います。
ワインは絶対に「白ワイン」だと、私は確信しています。


目次を見る

『アンコンシャス・ビューティを学んだから・・・』


   


     4月 24th, 2015  Posted 12:00 AM



柳宗理先生の時代、講義ではスライドが使われていました。
常に思い出すのは、二つのスライドです。
雪に黄色い線状のパターンがくっきりと
「これ、わかるか?」。
立ち小便の雪の上にある跡でした。
次には必ず、アフリカの直観で掘られたお面です。
直観と直感の違いを徹底して教えられ、それが私の言葉訓練に
今でも明確に残っています。
決まって先生は、この二つのスライドで「美しいね!」と連発。
美大を卒業して東芝に入社した私は丸善のレジカウンターで
柳先生のテープディスペンサーを見つけました。
そこで使い古されていましたが、店員さんに尋ね請求しました。
「このテープカッターを売ってくれませんか?」、
「エッ、無理です。でも、よく聞かれるんですよ。」
私自身随分とよく探しましたが、丸善で使われているだけでした。
ほとんどの人が、このデザインどころかデザイナーも知りません。
しかし、このモノがレジカウンターでは私には光輝いていました。
「アンコンシャス・ビューティ」って、これなんだ!
私が美大で学んだ柳宗理デザインの、
アノニマスデザイン・民藝・用美・健康美・日常美がありました。
私もテープディスペンサーのデザインは試みましたが、追い抜けません。
そして、今も空港のANAの受付カウンターには、
私のデザインー=EIZOモニターが置かれています。
時々、私は「これ、僕のデザインだから、たまには拭いてあげて」と。
「エッ・・・」って、怪訝な顔をされますが、
誰も気づいてもらえない日常のアノニマス性になっている存在に、
先生、これって、アンコンシャス・ビューティになっていますか?
自分なりに、ここまではやりきりました。
このモニターは世界中で、日常のアノニマス的な存在にしました。
デザインの美学は、機能美を語るよりも
私たち金美大出身のデザイナーは
「アンコンシャス・ビューティ」を実践していると思っています。


柳宗理生誕100年記念講演


目次を見る

「いつも見かける私の作品はすでにアノニマス」


   


     9月 16th, 2012  Posted 12:00 AM



私は国内はほとんどANAを利用しています。
幸いなことにANAのカウンターでは、
かつての私の作品・モニターが使われています。
EIZOでのモニターは、病院でも、阪大病院も、
名古屋市立病院でも使われています。
私の作品ですがこれらはすでにアノニマスデザインとなって
社会に溶け込んでいます。
メガネフレームなどは、ブランド名になっていますが、
こうしたアノニマス性を獲得していくデザインが、
インダストリアルデザイン職能の社会的な大きな役割です。
現在、いわゆる工業デザインは
日本では特に低迷状況であることは否めません。
確かに、このモニターをデザインした頃は、
国内はもちろん海外への貿易においても、
日本製・made in Japanは力を持っていました。
次々と製品企画・開発計画を提示し、
製品開発から商品化の連続性は多忙でもあり、活気も十二分でした。
しかし、現代日本の特に、家電や情報系のプロダクトデザインは
韓国や中国の追撃を受けています。
そのためか、大企業ブランドの終焉が始まっています。
3、4年前から、デザイン部門が、
現在の危機予測をしていた企業もあります。
そして事態はもっと深刻になっているようです。
3.11はその決定的な打撃を与えました。
戦後、高度経済成長とともに、
日本の工業デザインは世界を圧倒してきました。
今、わが国の大問題は三つあります。
1・自然災害大震災への対策問題
2・領土問題
3・拉致問題
この三つに取り囲まれながら、
経済性においては貿易製品の充実化を果たしていかなければなりません。
やがて、
空港カウンターや病院から、私の作品が消える日が近づいています。
工業デザインの「アノニマス性」が世界No1であり続けることこそ、
日本が生きのびていくことです。
やがて、私もリタイアしていきます。
次世代に語り残したいことを緊急に進行展開しなければなりません。

*写真左:ワイフが搭乗手続きをしています。


目次を見る

6月3日Staff Blog


   


     6月 3rd, 2010  Posted 5:13 PM

6月3日

くじ運最強の
BOSS(川崎和男KazuoKAWASAKI)
ANAの6月からのキャンペーン、
半券に「アタリ」くじ付きです。

やっぱりBOSSのみ「アタリ」!!
あられプレミアと交換しました。


目次を見る